東京で購入したアクセサリー

東京に行ったら必ずと言っていいほど下北沢に行きます。

好きなお店が何軒かあって、今回はデットストックアクセサリーとハンドメイドアクセサリーを幾つか購入しました。

 

1個目。アクリルビーズのイヤリング。青緑のグラデーションが綺麗。

tokyoee

DSC_3911

 

丁度宿泊した日の夜に見たスカイツリーのライトアップ(名前がついていて、このライトアップの配色は「粋」と言うそうです。)と色合いが似ていて、イヤリングの方は若干緑が強いけれど、青と緑の中間のような浅葱色が浮世絵に使われていそうで、一目惚れした。

勝手にスカイツリーイヤリングと呼んでいる。

 

2個目。これは大好きな作家さんのハンドメイドブレスレット。

高彩度のビーズとパールの組み合わせが好き。

縁日の屋台の橙色の光と、その光に照らされて光っている景品とか飴とか、チープなものがぎゅっと詰まっていてキラキラしている、そんな光景をいつもこの作家さんのアクセサリーからは連想する。

img_6803

 

3個目。

img_6813

 

tokyoeee

 

石が正4面体のアクリルの中に封入されている。白や灰色の、無機質で飾りのないワンピースに合わせたいと思った。

 

4個目。一目見て一目惚れしたデットストックのヘアアクセサリー。

鮮やかな緑色のベルベットリボンがヘアコームに縫い付けられている。年代不詳。ヨーロッパのデットストックということ以外は不明。

img_6793

img_6792

 

リボンは表面に、ベルベット生地特有の毛ばたちの劣化があって年代を感じる一方で、ヘアコームのプラスチック部分はとても綺麗。縫い付けに使われている刺繍糸にも日焼けの劣化などが見られない。刺繍糸を隠すように縫い止められているブラウンのレースも綺麗。

全体的に比較的新しそうだから、20年前くらいかな。一見してフランス製かイタリア製かな?と思ってしまった。

結構大きく、緑も鮮やかで目立つので、これを髪につけるとすると、顔の正面から見た時に見えてしまうとインパクトが強すぎて負けてしまう。だから髪を後ろで束ねて、束ねた部分を隠すように使ったら可愛いと思う。

今の自身の髪型では使えないし、どうしようか迷って一度は諦めた。

でも欲しくて、またお店に行って、でも諦めて帰りの電車の時間も近づいていたので駅へ。

それでも諦めきれずに、最後は買ってしまった。

手仕事の刺繍糸の縫い目とか、リボンの少し潰れた感じとか、今はあまり見ない厚みのあるベルベットリボンとか、リボンに染み付いているジンジャーっぽい香水の香りとか、全てが頭から離れなくて、このヘアアクセサリー自体に古い時代が凝縮されている気がして、手元にどうしても置いておきたかった。

 

大切に持ち帰りました。

 

 

2017-01-10 | Posted in BlogNo Comments » 
Comment





Comment