コンテンポラリーアートギャラリーzoneへのアクセス方法

今回展示をさせて頂く「コンテンポラリーアートギャラリーzone」は阪急桜井駅から徒歩で10分ほどです。

ギャラリーは「桜井市場」という商店街の中にあります。

住宅街なのでギャラリーまでの目印があまりなく、私自身初めて行った時は迷ってしまいました。

なので、道筋を写真とともに載せてみました。暑い日なので迷うと大変。お気をつけてお越しください。

 

スクリーンショット 2016-08-16 21.40.55

 

①桜井駅の改札口は一つだけです。改札を出たら直進してください。

②不動産屋さんの角を右へ

2016-08-18 22.07.46

③大きな道路沿いに歩くとマンションがあります。(写真では建設中ですが、確か完成していたはず…)

④マンションを右へ。

2016-08-18 22.08.29

 

⑤曲がってから直進すると踏切が見えてきます。
2016-08-18 22.08.47

2016-08-18 22.09.17

⑥踏切を渡って、さらにまっすぐ。ダイソーとスーパーと園芸屋さんがあります。園芸屋さんを過ぎたら左へ

2016-08-18 22.10.21

⑦少しだけ直進します

2016-08-18 22.11.35

⑧薬局がありますので、店舗をすぐ左に入ると桜井市場の入り口です。

2016-08-18 22.06.50

あとは商店街の真ん中くらいまで進んでください。左手に白い壁のギャラリーが見えてきます。

 

お車でお越しの方は、国道171号線を箕面方面へ、国道沿いにあります緑のひさしが市場の目印です。

ただしお車での乗り入れができませんので、そばにある「箕面自由学園前交差点」を北へ曲がりますといくつかパーキングがありますのでご利用ください。

2016-08-18 23.16.57

 

 

*写真はすべてgooglemapより。

2016-08-18 | Posted in BlogNo Comments » 

thumb_IMG_1772_1024

thumb_IMG_1756_1024

絵を描くとき、下地を作って支持体に塗るが、この時期暑いので下地の乾燥がとても早い。

下地に限らず絵の具の乾燥も恐ろしいくらいに早い。

thumb_IMG_1765_1024

描いているそばから乾燥して固まっていく。油断すると筆も固まってしまう。

thumb_IMG_1754_1024

夏の日差しが好き。

蝉の声は少しずつ弱々しくなってきた。

thumb_IMG_1775_1024

thumb_IMG_1774_1024

ひまわりはいつの間にか刈り取られてしまっていた。

thumb_IMG_1776_1024

thumb_IMG_1783_1024

2016-08-13 | Posted in BlogNo Comments » 

吉田克朗とか大兵馬俑とか

大阪の国立国際美術館での研修に参加した。

学校と美術館とが連携し、美術の鑑賞教育で美術館をいかに活用していくか、という内容。

美術館での研修は、本物の作品を鑑賞できるし、その作品について話し合いできたりして、とても好きだし面白い。

机上で写真図版を使っての鑑賞や、プロジェクターとパワーポイントでの研修より、本物の作品を前にして学ぶことがいかに多いか。生き生きとした作品は、理屈や知識を吹っ飛ばして惹きつけられる。

理想は本物の作品をなるべくたくさん観ることだと思う。でもそれが現実的にできないから、教室でできる鑑賞を試行錯誤して探っている。そのための方法が写真図版であったり、プロジェクターであったり、どうやって生徒と作品について対話するかであったり。

展示の中で、吉田克朗さんの作品が気に入った。暗い黄色で下地処理されたカンバスの上に、木炭で擦り付けるように描かれた線。それが集まって肉塊のようなものができている。その痕跡の圧倒的な仕事量と、近くで見たときと遠くで見たときとの見え方の違いが魔法のようだった。

帰宅してから吉田克朗さんについて調べてみる。東京文化財研究所のページとかで。

吉田さんは「もの派」の代表作家らしい。でも「もの派」ってどんな派?・・・答えられなくて「もの派」についても調べてみた。

あと国立国際美術館の特別展では「始皇帝と大兵馬俑」をしていた。これは学校にパンフレットが来ていて、クラスでも配った覚えがあった。大兵馬俑とは、死者の墓に副葬される粘土を焼いた人形。(馬とか、馬車とかもある)私よりも大きくて、死後の霊魂の生活のために死者と一緒に墓に入っている。その数とか規模とかが膨大で、途方もない。始皇帝は死後も永遠の支配者で居たかったが、死後3年で治めていた国は滅んで新たな王朝にとってかわってしまう。

自分が死んだ後のことまで考えるなんてよくやるなあと思うけど、国家を統一し、欲しいものは何だって手に入るようになった権力者が望むものは、永遠なる統治と死してなお変わらない自らの支配力や名声なのかな。

楽しい1日だった。

 

あと全く研修とは関係ないけれど髪を切ったらイヤリングが欲しくなった。ルクアのGarland of Dewを覗く。可愛いけれど、なかなかのお値段。

Garland of Dewの隣にあった、LA BOUCHERIE de SWATiが閉店していた。ルクア店と同じく新宿店も閉店らしい。ここのストールやバッグはとても個性的で大好きだった。残念。

京都で同業の人とも会いました。

刺激的な日でした。

2016-08-05 | Posted in BlogNo Comments » 

ポートフォリオの整理

数年前から作ろうと思いながら、なかなか作れずにいた自身のポートフォリオサイト(ここ)を制作している。

ポートフォリオサイトを作るにあたり、作品写真の整理や年代ごとの順番確認などのアナログ作業と、ドメインやHTMLなどのデジタル?な作業の二軸があって、どちらも苦手で苦戦した。

分からないことはgoogle先生に聞いてみるけれど、検索して、分からないことが解決できるようなページを探し、アクセスし、その中から情報を探して判断して試してみて…ということの繰り返しはなかなか時間を食う。なので一冊本を買ってそれを最初から読んで作ってみた。

自分に関することはいつも締め切りを設けないから、だらだらやってしまう。なので個展のDM制作時に、まだ出来上がっていないポートフォリオサイトのulrを乗せて入稿した。そうするとDMが出来上がるまでに嫌でもサイトを作ることになる。

作品のギャラリーはtumblerを使えばよかったかなと、今更思っている。沢山の人に見てもらうにはtumblerの方が絶対良い。これはいつか改良しよう。

昼間は仕事をして、夜作業している。

眠たくて眠たくて仕方がないが、毎日は楽しい。

2016-08-03 | Posted in BlogNo Comments »